資産運用

【パパのセミリタイア】結婚・子供ありのセミリタイア資金どうやって貯める?

本記事では、「結婚していて子供がいてもセミリタイアを目指せることはわかったけど、その資金をどうやって作ればいいのか?」と疑問を抱く方に向けて、

【パパのセミリタイア】結婚・子供ありのセミリタイア資金どうやって貯める?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

セミリタイアするための資金4500万円~6000万円を目指すには、

全世界株式 80% : 先進国債券20% のポートフォリオがおすすめ!

月10万円投資に回すことができれば、22年後に4500万円に、26年後に6000万円に達成する可能性が高いです。

かなりの大金なので、稼ぐ力と節約する力の両輪で入金力を高めていきましょう!

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

       

はじめに

以前、ブログやYoutubeで4500万円~6000万円あれば、結婚していて子供がいらっしゃる方でもセミリタイアは目指せるという内容を発信しました。

ただ、月25~27万円で生活できる世帯という条件が付いてます。

ともあれ、ある程度節約をして生活をされている家庭なら、セミリタイアは可能ですね!

詳しくはこちらの記事を参照ください。
【パパのセミリタイア】結婚して子供ありの方がセミリタイアできる資産額は?

この4500万円から6000万円の開きは、4%か3%どちらの取り崩し率かに依存しています。

この資産を作ることができれば、月あたり13.5万円の資産収入を得ることができますね!

残りの生活費、12万円~14万円程度を労働収入から稼ぐことできれば、晴れてセミリタイアというわけです。

でもさ、どうやって5000万円近い資産を作ればいいの??

と、思われる方も多いと思います。

ということで、本日は比較的再現性の高い資産形成方法をお伝えしたいと思います!

       

株式と債券のポートフォリオで運用しよう

早速、4500~6000万円を作るにあたって、どうすればいいのかお話していきます。

結論から言うと、

株式と債券で運用すること

をおすすめしています。

株式は全世界株式に連動する投資信託に投資することで、世界規模での経済成長の果実を長期的に享受することが大切です。

そして、債券は先進国債券に連動する投資信託に投資することで、ポートフォリオの値動きをマイルドにすることができます。

それぞれの比率については、

株式:80~75%  債券:20~25%

をおすすめしています。

こちらのバランスは、株式の成長を最大限享受しつつ、債券による価格変動をマイルドにする効果も得たい。

そんな思いを反映したバランスとなっています。

こちらの記事で詳しく解説しておりますので、ご確認いただければと思います。
【1000万円セミリタイア】資産を守るためのポートフォリオ設計!

       

株式と債券はどれぐらいで成長するの?

こちらのポートフォリオの場合、どれほどの成長を期待できるのでしょうか?

今回は、株式80%:債券20%のポートフォリオで試算していきます。

まず、株式の成長は長期間で均すと、5~7%といわれています。

実際に、全世界株式のインデックス指数で有名なMSCI オールカントリーワールドインデックスの1987年12月31日設定来のリターンを確認すると、

7.8%
 ※2022年8月31日時点

となっていました。

今回はかなり低めに見積もった5%で計算をしていきます。

一方、先進国債券について確認していくと、債券からの利益は基本的に利子となります。

先進国債券、特に全体の50%を占めるアメリカの債券の金利は、

大体2.5~3%程度で推移する

と仮定します。

株式が5%、債券が2.5%成長するとして、それぞれの比率を掛け合わせると、

毎年の平均化した成長率は4.5%

ということになりますね。

こちらの数字を使って計算していきます!

過去30年を見た場合には、かなり保守的な数字となっていますが、これから50年何があるかわかりません。

楽観的な考え方よりも保守的な考え方の方が良いと考え、4.5%でシミュレーションしますね!

       

毎年4.5%成長したら、何年で4500万円に到達する?

早速、シミュレーションしていきます。

今年から毎年いくら積み立てると、何年後に4500万円に到達するか記載していきます。

4500万円は、取り崩し率を4%に設定した場合のセミリタイア達成額でしたね。

年60万円  月5万円   33年後
年72万円  月6万円   30年後
年84万円  月7万円   27年後
年96万円  月8万円   25年後
年108万円 月9万円   23年後
年120万円 月10万円  22年後
年132万円 月11万円  21年後
年144万円 月12万円  19年後
年156万円 月13万円  18年後
年168万円 月14万円  17年後
年180万円 月15万円  17年後

予想通りかと思いますが、大変大きな資産を作るということもあり、長い道のりになりそうですね…

月5万円~7万円ぐらいだと、長い時間が掛かってしまいます。

22歳の就職したての方がコツコツ投資を始めても、50歳近くまで達成することは難しいでしょう…

でも、がんばって今年から月10万円、年で120万円を投資することができれば、22年後には4500万円に到達する可能性があります!

会社員として働く20代独身の方の場合、年間120万円を拠出するのはかなり厳しいかもしれません。

でも、共働きの家庭でしたらどうにかできるかもしれませんね!

もし、1馬力の家庭でも子供が幼稚園などに通い始めたら、アルバイトやパートに出て投資資金を稼ぐのも手だと思います。

月10万円より上の額については、夫婦ともに会社員の家庭やそもそも高収入世帯の場合でないと実現は難しいかなと思っています。

       

毎年4.5%成長したら、何年で6000万円に到達する?

続いて、取り崩し率を3%に設定した場合のセミリタイア達成額、6000万円についてお話していきます。

今年から毎年いくら積み立てると、何年後に6000万円に到達するか記載していきます。

年96万円  月8万円   30年後
年108万円 月9万円   28年後
年120万円 月10万円  26年後
年132万円 月11万円  25年後
年144万円 月12万円  23年後
年156万円 月13万円  22年後
年168万円 月14万円  21年後
年180万円 月15万円  20年後

月7万円以下は現実的ではないため、省略しています。

今年から月10万円、年間120万円投資しても、達成できるのは26年後となかなか気の遠くなる額ですね…

とはいえ、4500万円到達するのが22年後、6000万円到達するのが26年後となるため、4年の差しかないとも言えます。

この辺りが、複利の強さですね!

ともあれ、6000万円を目指すのであれば、月10万円よりも多くの額を入金してセミリタイアを目指さないと、定年間際までセミリタイアできないということになってしまいますね…

繰り返しになりますが、今回のシミュレーションは4.5%という過去のリターンと比較すると、かなり保守的な数字で試算しています。

このこともあり、達成時期がかなり後ろになってしまっておりますので、実際はこのシミュレーションより早く達成できるかもしれません。

ただ、ここ20年以内にセミリタイアを達成するには、入金力が必要であることを把握いただけたかと思います。

稼ぐ力と、節約する力の両輪で目指す必要がありそうですね!

なお、こちらはあくまでシミュレーションで株式や債券価格というのは日々大きく変動するため、一筋縄ではいきません。

また、期間が短くなればなるほど、市場の荒波の影響を大きく受けるので、上記のシミュレーションから乖離が発生します。

こちらについてはご了承いただい上でご覧ください。

       

投資するなら?おすすめ投資信託は?

最後に、上記でおすすめした指数に連動する投資信託をご紹介して終わりにしたいと思います。

私は、コストが最安レベルのeMAXIS Slimシリーズに投資をしています。

くれぐれも、Slimシリーズであることを確認くださいね!

eMAXISシリーズはコストが高いので…

全世界株式なら、
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

先進国債券なら、
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス

となります。

詳しくはこちらの記事をご参照ください!
eMAXIS Slim 先進国債券インデックスを徹底解説!これだけ見れば基本OK!

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を徹底解説!基本はこれでOK!

ご自身でも調べていただいて、納得いくポートフォリオを設計し、納得いく投資信託で4500万円セミリタイアという保険をつかみ取っていきましょう!

投資は自己責任となりますので、最終判断はご自身でお願いします。

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

では、まとめに入ります。

       

まとめ

今日のポイント

セミリタイアするための資金4500万円~6000万円を目指すには、

全世界株式 80% : 先進国債券20% のポートフォリオがおすすめ!

月10万円投資に回すことができれば、22年後に4500万円に、26年後に6000万円に達成する可能性が高いです。

かなりの大金なので、稼ぐ力と節約する力の両輪で入金力を高めていきましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ

RELATED POST
資産運用

フルリタイアは危険、まずはセミリタイアをアラサー、アラフォーはしよう!

2022年5月31日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「リタイアしたいけど不安だな、仕事を100%やめてしまうと社会とのつながりが消えて不安だな」と悩まれているアラサーサラリーマンに …
節約

金を現物で買うと税金ってどうなるの?

2022年3月6日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
先の国際情勢を踏まえて、内容を更新しています。 本記事では、「金の税金って株式や債券と異なるって聞いたけど、どうなの?めんどくさいの?」と悩んでいるアラサーサラリーマンに向け …