資産運用

【債券投資】投資信託 eMaxis slim先進国債券と米国ETF AGGどちらがよい?

本記事では、「eMaxis slim先進国債券インデックスをすすめるけど、米国ETFのAGGやLQDとどちらがいいの?」と疑問を抱く方に向けて、

【債券投資】投資信託 eMaxis slim先進国債券と米国ETF AGGどちらがよい?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

eMaxis slim先進国債券インデックスと、米国ETFのAGGやLQDを比較すると、

米国債券 ETFは、信託報酬が安く、規模が大きいが、ドル変換する労力やコストがネガとなります。

eMaxis slim先進国債券インデックスは、信託報酬が高いが、楽に投資でき、複利で回すことができます。

長期で考えるなら、eMaxis slim先進国債券インデックスがおすすめです!

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

       

はじめに

私は、eMaxis slim先進国債券インデックスへの投資をおすすめしています。

でも、米国債券ETFのAGGやLQDへの投資も行っています!

これらの投資方法にはそれぞれ特徴があり、どちらが優れているかは投資者の目的や状況により異なりますね。

ということで、それぞれの特徴とメリットを深く掘り下げて解説します。

       

米国債券ETFのAGG、LQDについて

AGGは、ブルームバーグ・バークレイズUS総合債券指数に連動するETFです。

これは、米国内のさまざまな債券に幅広く投資できるんです。

一方、LQDは企業債に特化したETFで、主に高信用評価を持つ大手企業の債券に投資します。

これにより、企業債特有の高いリターンと信用リスクのバランスを取ります!

       

投資信託 eMaxis slim先進国債券インデックスについて

eMaxis slim先進国債券インデックスは、FTSE世界国債インデックスに連動する投資信託です!

このインデックスは、世界的な政府債券に焦点を当て、米国、日本、ヨーロッパなどの国の債券に投資します。

最近、中国の割合が増えたということもございますね!

投資家にとっては、世界の主要国の債券市場へのアクセスを単一の投資で実現できるのが魅力です。

       

米国債券ETF AGGとLQDの方が優れている点

まず、AGGやLQDのメリットについてお話します。

・信託報酬が安い:

 AGGやLQDは低コストで運営されるため、投資者の手取りリターンを高めることができます。

・純資産規模が大きく、流動性が高い:

 AGGの大きな資産規模は、市場の変動に強い安定性をもたらしてくれます。

 また、流動性が高いため、売りたいときに売りたい値段で売れるのが魅力です。

・ドルでの配当金をドルのまま別資産に投資可能:

 ドル建ての配当を受け取ることで、為替リスクを抑えつつ、他のドル建て資産への再投資がスムーズに行えます!

       

eMaxis slim先進国債券インデックスの方が優れている点

・世界中の債券に満遍なく投資可能:

 複数国の債券市場に分散投資することで、特定の国や市場のリスクを分散し、より安定した投資が可能になります。

・円建てで投資可能:

 日本円で投資ができるため、円建て資産の管理が容易ですね!

・自動で買付、売却が可能:

 定期的な購入や売却の設定が可能で、長期的な資産形成に適しています。

・1円単位で投資可能:

 1000円など少額からの投資が可能で、初心者や資金の少ない投資家にも手軽に始められます。

・課税なく、再投資可能:

 配当が再投資されるため、税金の心配が少なく、複利効果を享受できます。

eMaxis slim先進国債券インデックスは多くの利点を持つと思いますが、

AGGやLQDもそれぞれの独自のメリットがあります!

投資目的やリスク許容度に応じて、自分の投資戦略に合わせて検討してみてください。

投資は自己責任となりますので、最終判断はご自身でお願いします。

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

では、まとめに入ります。

       

まとめ

今日のポイント

eMaxis slim先進国債券インデックスと、米国ETFのAGGやLQDを比較すると、

米国債券 ETFは、信託報酬が安く、規模が大きいが、ドル変換する労力やコストがネガとなります。

eMaxis slim先進国債券インデックスは、信託報酬が高いが、楽に投資でき、複利で回すことができます。

長期で考えるなら、eMaxis slim先進国債券インデックスがおすすめです!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ

RELATED POST
資産運用

円高怖くない!債券の利回りが強烈に魅力的

2023年10月22日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「債券利回りが魅力的だから投資したいけど、円高が怖い」と悩む方に向けて、 円高怖くない!債券の利回りが強烈に魅力的 という内容で記載していきます。  …