節約

月々生活費を2万円浮かせて金のなる木を買おう

めだかぶです。

本記事では、

1000万円貯めたいアラサーサラリーマンが月々2万円節約をするためにやるべき3つのこと

について記載していきます。

貯金できていますか?日々のやりくり余裕ありますか?

貯金はできていますか?資産はいくらありますか?
100万円、300万円、500万円、色々な方がいるかと思います。

私の身の回りだと、20代のうちは社会人歴×100万円ぐらいの資産があればきっと優秀な方だと思います。

つまり、社会人2年目なら100万円ちょっと、社会人3年目なら200万円ちょっとということですね。

ちなみに私は以下のように資産額を増やしてきました。
1年目150万円
2年目280万円
3年目410万円
4年目600万円
5年目810万円
と着実に増やし、今年6年目の11月時点で1000万円に到達しました。

私の場合は、株や債券を購入し配当金や株価が上がることによる資産額増加も含みます。

貯金で積み上げた資産額ではないことをご理解ください。しかし、前の記事でも申し上げましたが、このブログではこの言葉を叫び続けます。

“労働所得”で”不労所得”を生み出すものを買おう

そう、働いたお金で”働かなくてもお金を入れてくれる金のなる木”を買うことで効率良く資産が増えていくのです。

しかし、
今の生活でいっぱいいっぱいだと、
株買う余裕なんて無いよ、
という方もいらっしゃいますよね。

そこで今日は月々2万円浮かせる具体的な方法をお教えします!

以前は使ってしまっていた2万円を金のなる木に代えていきましょう。

携帯の契約をキャリアから格安シムに変えよう

皆さんの携帯電話はドコモやau、ソフトバンクですか?

イエスと答えられた方、おめでとうございます!
7000円節約できます。

格安シムとはドコモなどの大手キャリアの回線を利用料を払うことで間借りさせてもらい、その回線を我々に提供している会社になります。

つまり、特定時間の通信制限などを除けば大手キヤリアと同じ品質のものを割安で提供されていることになるのです。

数多くの格安シム会社が設立しており、様々なまとめサイトで比較されていますが、私のおすすめは楽天モバイルです。

私も妻も使用しており、全く問題なく使用できています。楽天経済圏と呼ばれる楽天カードや楽天ポイントを使用する人に取っても相性がいいですね。

さらに今なら1年間通信費無料のキャンペーンを実施しています。

この間東京に住む友達におすすめしたところ、早速楽天モバイルに変えており問題なく使えているとのことでした。

※楽天モバイルは第4番目のキャリアとの考え方もありますが、あえて格安シムの分類とさせていただきました。

楽天モバイルの1年無料キャンペーン切り替えることでキャリアに払っていた7000円が0円にすることができました。

ちなみに、キャンペーン後は月々約3000円の利用料になります。

ネットの固定回線は解約しよう

皆さん家に固定のネット回線は繋いでいますか?
イエスと答えられた方、5000円節約できます。

パケット制限があるから、家ではWi-Fiを繋いでいる方も多いかと思います。

これを解約してしまいましょう!

その場合、格安シム選びが大切になります。
以下の2点を満足する会社にしましょう。

・デザリングが無料でできること
・パケット利用制限がかかった後の通信速度を遅すぎないこと

楽天モバイルなら、デザリングは無料かつ、制限がかかっても下り1メガbpsです。私は基本的に制限かかっている状態ですが、問題なくYouTube見れていますし、オンライン飲み会もやっています。

その他の会社もあるかもしれないので、是非探してみてください!

私がキャリアを契約していたときは、デザリングを可能にするには月々500円の利用料がかかりました。
今もデザリングが有料なプランと無料のプラン複数あるとのこと。

パソコンでメールや画像処理、動画編集などする方であっても、家の固定ネット回線を解約し、スマートフォンのデザリング機能で代用してしまえば節約になります。

ネットゲームをする方や重いデータを頻繁にやり取りする方などは難しいかもしれません。そこまでヘビーな使い方しないよという方であれば節約できるやチャンスです。

解約することで5000円の通信費が0円になりました。

不必要な生命保険と医療保険は解約しよう

いよいよ最後の質問です。

生命保険と医療保険で月々3000円以上支払っていますか?
イエスの方、おめでとうございます。
節約可能です。

保険は必要なものですよ…
万が一の備えですよ…
あなたが働けないとき治療はどうするのですか?…
このタイプなら満期の時、貯金もできますよ。

私が新入社員のとき会社に出入りしている生保レディに昼休み言われた言葉です。

そして、私は掛け捨ての保険に3000円、養老保険に12000円と月々に15000円支払っていたのです。泣きたい過去です。

勉強の末、全ての保険が今の私には必要ないという結論に至り、今は1円も払っていません。

皆様私と同じように契約してしまっている方いらっしゃいませんか?

なぜ私が全て解約したのか、理由をお伝えします。

理由1 手厚い健康保険の高額医療費支給制度がある

私たちアラサーサラリーマンの給与から天引きされる額ナンバー2の健康保険。
あんなに頑張った残業代や交通費に対しても天引きしてくる憎いやつ、だと思いますよね。

しかし、とても手厚い保険なんです。
その内の一つに高額医療費支給制度というものがあります。
簡単にご説明すると、保険治療であればどんなに高い医療費が掛かっても支払わなければいけない治療費が頭打ちになるという制度です。

年収500万円程度であれば以下の式で月々最大で支払うべき金額が算出できます。

80100円+(掛かった医療費-267000円)×1%
全国健康保険HPより

例えば50万円医療費が掛かったとしても、
82430円ということになります。

この制度を利用すれば高額な医療保険は必要ないことと私は判断しました。

※個室に入院したり自由治療は適用されません。

理由2 手厚い厚生年金の障害年金

もし大きな事故に合い障害が残って働けなくなったらどうしよう。
そんな不安なときは年金制度が支援してくれます。

天引きナンバーワンの年金ですね。実に優れたセーフティネット機能を持っているんですよ。

その内の一つに障害年金があります。

例えば、あなたが仕事に著しく困難な障害も持った時、額面の給与が25万円程度で10年間保険を払っていたら、月々ざっくり16万円支給されます。

そして、他人の補助が必要なほど重症な場合は20万円支給されます。

手厚いですね。
わざわざ民間の保険に入る必要もないかと思いました。

理由3 そもそも亡くなる確率が低い

そもそも私そんなに早く亡くなるつもりないです。
とはいっても何が起こるかわからないですよね。

では、データで見ていきましょう!
令和元年時点の各年齢までに亡くなる可能性を示しています。

男性
30歳 1%
40歳 1.6%
50歳 3%
60歳 6.7%

女性
30歳 0.6%
40歳 1%
50歳 1.9%
60歳 3.9%

厚生労働省 簡易生命表より

あれ?30歳までに亡くなる確率は1%、40歳は1.6%と、非常に低いですね。
これなら、民間の保険は必要無いかなと思い保険には入っていません。

以上3つの理由から、健康保険や年金制度に多くのお金を払って、さらに民間保険を払うのが非常にバカらしく感じ、民間保険の加入をやめました。

もちろん、不安な方もいらっしゃると思うので強制はできませんが、加入したとしてもネット保険の掛け捨て保険3000円が適切なラインだと思います。

これで保険料の差額分節約できました。

まとめ

今日のポイント

月々2万円生活費を浮かせて金のなる木を買おう!
そのために以下を実践しよう。

・格安シムに変えよう
楽天モバイルなら1年間、7000円節約

・固定のネット回線を解約しよう
5000円節約

・生命/医療保険を見直そう
もし1万円払っていたら、
見直しで7000~8000円節約

後は行動あるのみです。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶ

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ

RELATED POST
節約

貯金1000万円、仕事やめられるか?

2021年2月8日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「体が、心が壊れそうだ、本当に仕事やめたい」と悩まれているアラサーサラリーマンに向けて少しでも救いになればいいかと思い、 貯金1000万円、仕事やめられるか? …