資産運用

米国債券ETF AGGがいい?それより国債オンリーSHV、SHY、IEF、TLT?

本記事では、「米国債券ETFで最もメジャーなのはAGGだけど、それよりもTLTとか国債オンリーの方が良いの?」と疑問を抱く方に向けて、

米国債券ETF AGGがいい?それより国債オンリーSHV、SHY、IEF、TLT?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

AGGは十分満足できる米国債券ETFだと思います。

把握しておくべき点は、

・25%ほど投資適格な社債が含まれること。

・社債は暴落時に株価と同じように下落するリスクがあること。

有効に使って、利子所得を得ながら、ポートフォリオを安定させていきましょう!

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

       

はじめに

かねてよりいろいろな債券系のETFについて発信してきました!

でも、私が発信する内容は、主に国債専門のTLTであったり、SHYといったようなETFがメインでしたね。

しかし、一般に債券ETFというと

ブラックロック社が運用するAGG

バンガード社が運用するBNDが有名

だと思います!

皆様の中には、なんであえてTLTやSHYといった米国債のみで運用されるETFをご紹介しているのかと思われている方も多いと思います。

結論からいうと、それらのETFの方がポートフォリオがシンプルであるため、金利の関係を説明しやすいというのがございます。

ということで、今回はAGGの中身についてどのようなものになっているのか?

しっかりと確認して行きましょう!

正直AGGだけで債券投資は十分な気もしています。

       

基本情報について

まず基本情報から確認して行きましょう!

●AGG
経費     :0.04%
利回り    :2.31%
デュレーション:6.37年
平均残存年数 :8.73年

●SHV
経費     :0.15%
利回り    :1.39%
デュレーション:0.34年
平均残存年数 :0.35年

●SHY
経費     :0.15%
利回り    :1.3%
デュレーション:1.86年
平均残存年数 :1.95年

●IEP
経費     :0.15%
利回り    :1.94%
デュレーション:7.7年
平均残存年数 :8.42年

●TLT
経費     :0.15%
利回り    :2.58%
デュレーション:17.55年
平均残存年数 :25.64年

※公式ページより

経費はAGGがダントツ安いことが分かります!

それでいて、AGGの利回りはそこまで悪くありませんね。

ただ、一点、気になるのは、利回りの割にデュレーションと平均残存年数が小さいと言うことですね!

今は逆転していますが、デュレーションや残存期間が伸びれば伸びるほど利回りは高くなります。

このあたりについては、次で確認して行きましょう。

       

ポートフォリオの中身を確認して行く

どのようなポートフォリオで構成されているか?

これを確認するのが大切です。

どのような債券でポートフォリオを組まれているのか見て行きましょう。

●AGGのポートフォリオ

財務省:41.10%
モーゲージ・パススルー証券:27.31%
資本財・サービス:14.76%
金融機関:8.36%
公益事業:2.18%
・・・

●参考までにTLTのポートフォリオ
財務省:99.7%

※公式ページより

TLTが国債のみで構成されていることがわかります。

それに対して、AGGは金融や資本サービスなどを含んでいますね。

具体的には、ゴールドマンサックスであったり、モルガンスタンレー、JPモルガン。

この辺りの債券を含んでいるということです。

これで何がわかるかというと、信用格付けが国債よりも低く、利回りが高い債券が含まれるということです。

●AGGの信用格付け別ポートフォリオ

AAA:72.28%
AA:2.46%
A:11.25%
BBB:13.30%

SHYやTLTなどの国債のみのETFは、AAAが99%近いということになり、それに伴って利回りが低下します。

これは、元本保証される可能性が高い債券の方が、利回りを上げなくても買ってくれるからですね。

それに対して、AGGはAやBBBといった債券を25%ほど含んでいることになります。

これが、利回りが比較的高い理由ですね!

       

ポートフォリオに組み込むならAGGでもよいと思う

国債のみに投資したい

といったような格付けにこだわりがないのであれば、AGGは良い投資先だと考えています。

純資産も800億ドル越えで、他の国債のみのETFは200億ドル弱となります。

このことからも、流動性も高く、利回りも高いことがわかりますね。

AAA以外のものを含むと言っても、

投資適格債券であるBBB以上

となりますので、そこまで私は心配していません!

そもそも、私は個人的に投資適格社債のLQDに投資していますが、それと国債が合わさったイメージですので、十分リスク許容可能です。

ただ、社債のデメリットとして、

リーマンショックやITバブルの崩壊といったような大きな経済危機を迎えると、国債に比べて激しく売られる

という傾向があります!

株式と同様の動きをするということは、念頭においていただきながらAGGに対しては投資をいただくのがいいのではないかと思います。

ですので、暴落時のポートフォリオの値動きを抑えたいと言うのが目的であれば、SHYやTLTといった国債のみで構成されているETFをご検討いただくのが良いと思います。

投資は自己責任となりますので、最終判断はご自身でお願いします。

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

では、まとめに入ります。

       

まとめ

今日のポイント

AGGは十分満足できる米国債券ETFだと思います。

把握しておくべき点は、

・25%ほど投資適格な社債が含まれること。

・社債は暴落時に株価と同じように下落するリスクがあること。

有効に使って、利子所得を得ながら、ポートフォリオを安定させていきましょう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ

RELATED POST
資産運用

MSCIとFTSEどちらがいいの?アラサーが世界中の株に投資するならこれ!

2022年1月30日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
めだかぶです。 エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイ …
資産運用

【4502】武田薬品工業、株価と配当利回りから買っても良いか考えてみる!

2022年5月12日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
※2022年3月期決算の結果を反映しました! 本記事では、「武田薬品って、最近株価は低迷しているように見えるけど今買ってもいいのかな? …