資産運用

米ドル建てMMFで運用する!2023年米国株・ETFからの配当はここに!

本記事では、「2024年から始まる新NISAに向けて、今はあまり投資したくないけど、配当金の運用先どうしよう?」と悩む方に向けて、

米ドル建てMMFで運用する!2023年米国株・ETFからの配当はここに!

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

2023年に受け取る米国株・ETFからの配当金は、米ドル建てMMFで運用しようと思います。

マネックス証券の過去7日間の利回りを見ると、3.6%ほどととても高くなっていますね!

月末配当で、複利が効くので寝かせておくよりいいですね。

しかし、これはあくまで過去利回りでMMFの利回りは刻一刻と変わるので注意してください。

とりあえず、めだかぶは、昨年12月配当の400ドルほどで米ドル建てMMFを購入してみました。

月末の配当が楽しみです!

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

       

はじめに

以前、2023年はつみたてNISAとジュニアNISA、iDeCoのみで運用するという話をしました!

でも、外国ETFを多く保有する私には年に数回ドルの配当金が入ってきます。

ドルを使用して資産を購入できるのは、一般NISAのみ。

なので投資することはできません・・・

でも、これをそのまま持っておくのはもったいない!!

ということで、ドルの投資先を検討していました。

この度、米ドル建てMMFに投資をしようと思い、購入をしました!

同じ悩みを持つ方にお伝えしたいと思い、この情報を求めています。

       

米ドル建てMMFとは?

はじめに本日の主役となる米ドル建てMMFについてご説明して行きます。

MMFは、優良企業が発行する短期金融商品や格付けの高い公社債券などに投資をするものとなります!

元本かなり高い確率で守り、比較的高い流動性と収益を追求する投資信託となります。

このMMFに対して、米ドルで投資するのが米ドル建てのMMFとなります。

何がメリットかご説明すると、

それは高い分配利回り

です。

マネックス証券で見ると過去7日間の平均で約3.6%。

ただ、ドルを持っているよりはこちらのものを使用して運用した方が良いということになります。

ご参考までに、この利回りはあくまで各利回りとなります。

未来の利回りを表したものではありませんので、ご留意ください。

       

いつでも解約できるのも大きなメリット

仮に、この米ドル建てMMFに投資したことによって、株や債券を買いたい時に変えないと困るよ・・・

そう思われた方も多いかと思います。

大丈夫です!

いつでも解約することができます!

特別な縛りはありません。

また、多くの人が活用しているため、売るに売れずドルに戻せない確率も非常に低いと考えられます!

マネックスの場合は1000円以上から1円単位で購入可能です。

正確には1セントと単位です。

どちらにせよ、非常に気軽にドルを運用することができます。

       

月末に配当がもらえ、複利が働く

先ほど3.5%ぐらいの配当があると言いました!

配当は、日々計算され月末に配当が支払われます。

その時に、20.315%の税金が引かれた上で、再投資されることになります。

つまり、毎月複利のように膨らますことができます。

今の年3.5%の利回りを月に直すと、大体0.28%となります!

1000ドル、こちらの米ドル建てMMFを購入していた場合、2.8ドルの配当に20%の税金がかかり、2.24ドル入金されることになります。

つまり、翌日には1002.24ドルとなるということになります。

ここにさらに、0.28%の配当がもらえ・・・・という形で複利が働いていくことになります!

普段、利用している円での銀行預金しているよりは高い利回りになると思いますので有効に使えればと考えています。

       

管理報酬が掛かるので要注意

ここまでいいことばかり述べてきました!

しかし、こちらの米ドル建てMMFは投資信託となります。

つまり、投資信託として運用してもらう以上そこには手数料がかかるわけです。

MMFに関しては、管理報酬という名の年間でかかる費用があります。

ニッコウ・マネー・マーケット・ファンドのファンドレポートを見ると、

0.91%を上限と書かれています

この費用が毎年かかることを知っておいた方が良いですね!

仮に、直近の利回りが上記の管理報酬より下回っていると、結果のパフォーマンスが悪くなる可能性があるということですね・・・

今回、私は保有する400ドルの配当を、米ドル建てMMFに突っ込んでみました。

今年は、後4回ほど入金されると思いますが、一旦この米ドル建てMMFで運用していこうと考えています。

この情報を参考に投資検討いただければと考えています

投資は自己責任となりますので、最終判断はご自身でお願いします。

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

では、まとめに入ります。

       

まとめ

今日のポイント

2023年に受け取る米国株・ETFからの配当金は、米ドル建てMMFで運用しようと思います。

マネックス証券の過去7日間の利回りを見ると、3.6%ほどととても高くなっていますね!

月末配当で、複利が効くので寝かせておくよりいいですね。

しかし、これはあくまで過去利回りでMMFの利回りは刻一刻と変わるので注意してください。

とりあえず、めだかぶは、昨年12月配当の400ドルほどで米ドル建てMMFを購入してみました。

月末の配当が楽しみです!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ

RELATED POST
資産運用

【1000万円セミリタイア】どうやって資産1000万円を作る?運用方法とは?

2022年8月28日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「1000万円セミリタイアを目指したい!けど、どうやって資産を貯めればいいのかわからない!」と悩まれている方に向けて、  …
資産運用

ストリップス債とトレジャリーノート債、税金でパフォーマンス差がどれぐらい増える?

2022年12月18日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「税金の面から考えて、ストリップス債とトレジャリーノート債の利回りはどっちが高いの?」と疑問を抱く方に向けて、 ストリ …