資産運用

【RDSB】ロイヤルダッチシェルを売却した3つの理由

本記事では、「なかなか暴落前の水準まで、配当金額が戻ってこないロイヤルダッチシェルについて、このまま持っててもいいんだろうか?」と疑問を抱くアラサーサラリーマンに向けて、

【RDSB】ロイヤルダッチシェルを売却した3つの理由

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

ロイヤルダッチシェルを売却した3つの理由

・減配した配当金がなかなか戻らない

・想定をはるかに超える脱石油の流れ

・原油先物の動きが芳しくない

外国株を買いたいなら、ネット証券口座開設数No.1のSBI証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

ロイヤルダッチシェルのおさらい

ロイヤルダッチシェルとは、かつての石油メジャーの1つで、オランダとイギリスに本社機能を持つ世界的な会社ですね!

日本では黄色い貝のマークが目印のガソリンスタンドですね!最近まで昭和シェルでしたが、これから出光と統合していきます。

石油の掘削から精製まで、一貫したサービスを行っています。昨年2月の暴落前までは高配当銘柄として、人気がありました。

ADR銘柄という外国で税金がかからない株だったこともあり、NISA枠での購入をされている方も多かったかと思います。

そんなロイヤルダッチシェルですが、私は先週に売ってしまいました。その理由について、この記事では解説していきたいと思います。

2020年5月の減配からの復帰が遅い

ロイヤルダッチシェルを保有していた方であれば、記憶に新しいと思いますが、

昨年2020年5月にロイヤルダッチシェルは1株あたり0.94ドルだった配当金を0.32ドルまで下げるという大きな減配

を行いました。

およそ66%の配当減となります。

その時は、一時的な減配に留まるであろうと考え、そのままホールドする決断をしました!

しかしそれから、4回の配当支払いがありましたが、一向に元の水準に戻る気配はなく、今現在で1株あたり0.33ドルの配当金額となっています。

元々長期保有を念頭にロイヤルダッチシェルの株を保有していましたが、配当金が予定の6割程度になってしまったことを考えると、当初のシナリオが崩れていると考え、売却に至りました。

グリーン化に向けた動きが想定をはるかに超えるスピードだった

ロイヤルダッチシェルを購入したのは、2019年。

まだまだ、通常通りに人々が移動し、その度に多くの 原油やガソリンが消費されていました。

しかし、先のパンデミックによって、

在宅という新しいスタイルにより、車による移動が減った

出張や旅行ができなくなり、飛行機の本数が減った

消費活動が落ち込み、物流の動きが減った

新大統領によるクリーンエネルギーへの移行が早まった

などといった様に、昨年の1年間で大きく情勢がシフトしました。

実際に、私たちの生活も移動が減り、海外旅行に行けなくなり、出張回数も減ったと思います!

こういったことにより、エネルギーの消費がこの先少なくなると予想がされます。

それに伴い、ロイヤルダッチシェルの収益も下がることが想定されますので、売却しました。

原油先物の動きが想定以上に芳しくない

石油メジャーの株は、原油先物の値動きに大きく影響を受けます。

以下にWTI原油のチャートを示します。

このチャートからわかる通り、ここ20年ぐらいの 原油の値動きは、下降傾向にあるように見えます。

実際に、上値は重く2008年に付けた高値を越えられる雰囲気はありません。

下値は40ドル付近で支えられていますが、この先 省エネ・クリーンエネルギーの台頭によって、そのエネルギーシェアが奪われていくことが予想されます。

このように、先々の見込みが立てづらいと感じましたので、売却に至りました。

めだかぶの投資シナリオから外れたから売却した

以上、ロイヤルダッチシェルを売却した理由について並べていきました。

決して、ロイヤルダッチシェルがこの先利益を出すことができない悪い会社だとは思っていません。

私が長期保有を目的に購入した時のシナリオに対して、世の中の情勢が大きく変わったことが理由で、売却に至ったわけです。

もし、この記事を読んでくださっている皆様の中に ロイヤルダッチシェルを購入し、その時に想定していたシナリオと今の状況が異なる方がいらっしゃれば、 売却もしくはリバランスを考えても良いのかなと思っています。

この記事が自身のポートフォリオを見直すきっかけになれば幸いです。

口座未開設なら、ネット証券口座開設数No.1のSBI証券やネット証券老舗の◆松井証券◆がおすすめ!

投資は自己責任です。最終判断はご自身でお願いします。

では、まとめに入ります。

まとめ

今日のポイント

ロイヤルダッチシェルを売却した3つの理由

・減配した配当金がなかなか戻らない

・想定をはるかに超える脱石油の流れ

・原油先物の動きが芳しくない

関連記事

どうして米国株を買うのか?

個別株に投資するときの注意点

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ