資産運用

TLTとEDV、米国長期債券に投資するなら、どちらがいい?

本記事では、「米国長期債券に投資したいけど、米国ETFには、TLTとEDVがある。どちらがいいのかな?」と疑問を抱く方に向けて、

TLTとEDV、米国長期債券に投資するなら、どちらがいい?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

米国超長期債券に投資をするなら、TLTとEDVの2つの米国ETFがメジャーかと思います!

私が投資をするなら、TLTを選びます。

それは、比較すると価格変動が落ち着いているためです!

私のポートフォリオにおける債券ETFの役割は、価格変動を落ちかせること。

そのためには、TLTの方が適切ということになるからですね!

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

       

はじめに

すでに米国債券の利回りの上昇は落ち着きつつありますが、依然として魅力的な水準ですね。

ここ最近も少し上昇しつつあります。

このことから、米国の債券投資に興味をある人も多いと思います。

政策金利の影響を受けやすく、実際に利回りが上昇している短期債券も魅力的ですが、長期で保有するなら

長期債券に投資したい

と思われるのではないでしょうか?

今は逆イールドカーブになっていますが、通常は償還までの期間が長ければ長いほど、利回り上昇するためですね!

さて、米国の超長期債券に投資可能な米国ETFと言えば、良く紹介するTLTともう一つEDVがありますね。

でもどちらがいいの?

と思われている方もいると思います。

どちらがいいのか、チェックしていきましょう!

       

基本情報から比較していこう

早速、見ていきます。

●TLT

運用会社:ブラックロック

連動指数:ICE US treasury 20+ year index

信託報酬:0.15%

純資産:268億ドル

実効デュレーション:17.53年

過去利回り:2.6%

●EDV

運用会社:バンガード

連動指数:バークレイズ米国債STRIPS(20~30年)

信託報酬:0.06%

純資産:14億ドル

実効デュレーション:24.38年

過去利回り:3.16%

信託報酬はEDVの方が安く、過去利回りもEDVの方が優れている結果でした!

純資産はTLTの方が優れていますね。

デュレーションが17年と24年ということで大きく異なります。

これは、インデックスが異なることが理由ではないかなと思います。

このデュレーションの違いが、この後のいろいろな要因となりますので、覚えておいてください。

       

価格変動はどちらが上?

さて、TLTとEDVの価格はどちらが上がっているのか見ていきましょう。

まず、ここ1年の動きを確認しています。

青線がTLT オレンジ線がEDV

約8%程度の開きが出ていますね。

EDVの方がTLTよりも低いパフォーマンスとなっています。

これが一時的なものなのか、ここ5年まで期間を広げてみていきます。

青線がTLT オレンジ線がEDV

こちらでも最終的にEDVの方が下がっていますね!

しかし、2020年7月時点では逆にEDVの方が上昇しています。

このように、EDVの方がTLTよりも上下に大きく動く可能性があることがわかりました。

これはデュレーションの違いが影響していますので、解説していきます。

       

デュレーションが長いと価格は変動する?

この話をするために、デュレーションについてお話しますね。

デュレーションとは、

元本の回収期間を示したもので、

クーポンの同じ債券であれば、期間が長いほどデュレーションは長くなる

という特性を持っています。

現在、10年債利回りは3.81%、30年債利回りは3.89%と大差ありません。

つまり、ポートフォリオに含まれる債券の償還までの期間が長いEDVのデュレーションが伸びているということですね。

そして、一般に

デュレーションが長いETFほど、金利変動の影響を受けやすい

と言われています。

以上のことから、EDVはここ最近の金利変動の影響を大きく受けて、

TLTよりも、金融緩和時に価格が上昇し、金融引き締め時に価格が下落した

ということが推測できますね!

一見、米国超長期債券という同じような投資対象に見えますが、意外と異なりますね。

確かに、連動する指数は異なりますが、価格変動も大きく異なることがわかりました。

結論、私が投資をするなら、

TLT

です。

信託報酬の安さや過去利回りはEDVに負けますが、価格変動は小さい方がいいと思うんですよね。

ポートフォリオの価格変動を抑えるために、債券ETFを保有する方多いと思いますので、私がTLTを選びます。

しかし、今後の上昇など逆張りを狙うなら、EDVもアリだと思いますので、ご自身の投資戦略に合わせて検討してみてください!

投資は自己責任となりますので、最終判断はご自身でお願いします。

証券口座なら、私めだかぶも使用しているSBI証券松井証券がおすすめ!

では、まとめに入ります。

       

まとめ

今日のポイント

米国超長期債券に投資をするなら、TLTとEDVの2つの米国ETFがメジャーかと思います!

私が投資をするなら、TLTを選びます。

それは、比較すると価格変動が落ち着いているためです!

私のポートフォリオにおける債券ETFの役割は、価格変動を落ちかせること。

そのためには、TLTの方が適切ということになるからですね!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ

RELATED POST
資産運用

【2559】還暦の母にMAXIS 全世界株式(オール・カントリー)上場投信をおすすめした理由

2022年12月9日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「そろそろ還暦でこれから投資をしてもいいの?投資をするにしても、何に投資したらいいの?」と疑問を抱く方に向けて、 【2 …
資産運用

ひふみワールドの評判はいかに?ひふみ投信、世界株にも通用するか考察!

2021年6月13日
アラサーサラリーマンめだかぶの40歳セミリタイア計画
本記事では、「国内の成長株で有名なひふみ投信から 世界株をメインとしたファンドが出たって聞いたけど、評判どうなの?」と疑問を抱くアラサーサラ …