資産運用

投資で月のお小遣いを1万円増やす方法は?

本記事では、「あと1万円お金が増えると、充実するんだけどな~」と期待を抱く方に向けて、

投資で月のお小遣いを1万円増やす方法は?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

月1万円のお小遣いを継続的に受け取りたいなら、

1.400万円の高配当株を保有しよう!配当金でゲットできます。

2.429万円のインデックス投資をしよう!取り崩しでゲットできます。

おすすめは銘柄選定が不要な2番です!

証券口座ならSBI証券や1日の約定代金合計が50万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

毎月のお小遣いを増やすには?

毎月1万円お小遣いが増えたら何をしますか?

飲みに2回いけるな~

趣味のグッズが買えるな~

整体にも行けるな~

いろいろなことができるのではないでしょうか?

今回は比較的、継続可能な投資から月1万円のお小遣いを稼ぐ方法をお伝えします!

FXやデイトレなど早く稼ぐ投資方法はありますが、再現性に欠けますし、そもそも私自身がこれらの手法で安定的に稼げません・・・泣

節約や給料UP以外にも、お小遣いを増やす方法はありますので参考にしてみてください。

1.配当金で月に1万円(年12万円)をゲット

まず、もっともイメージしやすい方法が

配当金をもらう

という方法です。

月1万円ということは、年間で12万円ということですね。

では、配当金で手取り12万円もらうにはいくら分の株式を持っていないとならないのでしょうか?

現時点で、配当金には約20%の税金がかかりますから、手取りで12万円ということは、15万円分の配当金が必要となります。

比較的安定した高配当の株式は、3.5~4%程度の配当利回りとなっています。

今回は購入する株式の平均利回りを

3.75%

として計算すると、

15 ÷ 3.75% = 400万円

となります。

つまり、安定的な高配当株を400万円分保有していれば、企業が配当を出す限り毎月1万円のお小遣いをもらうことができます。

こちらは、イメージしやすかったのではないでしょうか?

2.資産運用している株式の投資信託を取り崩すことでゲット

続いて、株式の投資信託を取り崩す方法についてご説明していきます。

こちらは、運用している投資信託を増やしながら、増やした分を使っていくイメージです。

温泉の源泉から出てくる水を湯船に貯めながら、湯船からあふれたお湯を使うイメージですね。

この場合も、税金が引かれた状態で毎年12万円をゲットできればよいですね。

投資信託の場合も売った時に利益が出ている場合は、譲渡所得に対して20%の税金が発生します。

実際は譲渡益のみに税金がかかるのですが、計算が煩雑になるため、売却代金に対して20%の税金がかかるものとしますね。

では、いくら切り崩しても資産が底をつかないのでしょう?

そんなときは、アメリカの研究 Trinity studyの4%ルールを参考にしてみましょう!

この研究は、退職後に運用していた資産を何%までなら毎年引き落としてもよいかを過去のデータを基に検証したものです。

結論を言ってしまうと、

初年度資産額の4%までの額なら、

25年間毎年切り崩しても、資産0になることはなかった

30年間毎年切り崩すと、5%の確率で0になってしまうことがあった

ということになります。

さて、ここで注意が必要なのは、”0にはならなかった”ということです。

つまり、減ってしまう可能性はあるということですね。

今回は継続可能な月1万円のお小遣いUPを目指していますので、減っていってしまうのは精神的にイマイチ・・・

ということで余裕を見て、

3.5%まで取り崩してもよい

ということにします。

すると、毎年15万円取り崩す必要がありますから、

15万円 ÷ 3.5% = 429万円

必要ということになります。

前に紹介した方法.1 配当金の場合は、400万円の元本が必要でしたが、それよりも若干多くの資産が必要ということになります。

でも、米国のメジャーな指数 S&P500に連動する投資信託や全世界株式のメジャーな指数 MSCI AWCIに連動する投資信託を購入するのみで良いというのが非常に楽だと思います。

お小遣いくれる銘柄や投資信託は?

では、どのような株式を購入すればいいのか悩まれる方もいらっしゃると思いますので、ご紹介しますね。

なお、投資は自己責任となりますので、実際の購入に関しての最終判断はご自身でお願いします。

1.配当金で月1万円もらう場合

ポイントとしてはポートフォリオ全体の配当利回りが3.75%になれば、良いということになります。

また、経済に好景気と不景気の波があるように、株式にも大きな波があります。

その時に苦しまなくていいように、銘柄を分散させておくことが大切です。

例として、以下に銘柄を羅列しますね!

実際に投資されるときは、ご自身でもファンダメンタル分析を行ってください!

金融
 三井住友FG 三菱UFG FG 東京海上HD

商社
 三菱商事 住友商事

運輸
 JR九州

通信
 NTT KDDI ソフトバンク

化学
 三菱ケミカル デンカ

医薬品
 武田薬品工業

食品
 キリンHD

高配当投資により月1万円以上を得るためには、このように銘柄選びをしなければなりません。

正直めんどくさいと思う人もいると思います。

でも、諦めずにいろいろと探してみくださいね。

2.投資信託で月1万円切り崩す場合

アメリカに投資する場合は、eMaxis slim 米国株式や楽天VTIがおすすめです。

全世界株式に投資する場合は、eMaxis slim 全世界株式(オールカントリー)、SBIあたりが良いかと思います。

私は、eMaxis slim 全世界株式(オールカントリー)を毎月積み立てて運用しています。

インデックス投資の取り崩しは楽でいいですね。

投資は自己責任となりますので、最終判断はご自身でお願いします。

証券口座ならSBI証券や1日の約定代金合計が50万円以下なら手数料無料の松井証券がおすすめ!

では、まとめに入ります。

まとめ

今日のポイント

月1万円のお小遣いを継続的に受け取りたいなら、

1.400万円の高配当株を保有しよう!配当金でゲットできます。

2.429万円のインデックス投資をしよう!取り崩しでゲットできます。

おすすめは銘柄選定が不要な2番です!

関連記事

個別株に投資するときの注意点

個別株投資するなら必須、5つの決算指標をチェックしよう!

個別株投資するなら必須、4つの利益をチェックしよう!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ