資産運用

初心者向け、オプション取引で下落時も利益を出そう!

めだかぶです。

エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

本記事では、「株ってリーマンショックなどの下落局面の時、なすすべないんでしょ?」と思っているアラサーサラリーマンに向けて、

下落局面でも利益を出せる、オプション取引について勉強しよう

という内容で記載していきます。
この記事を読んで、オプション取引について把握しましょう。

はじめに本日の結論から、

★オプション取引、下落時にも利益を出せて便利。

★プレミアム代が高く、めだかぶの資産額に対して高コスト

★フルリタイアへの準備のなかで活用を検討する。

では、解説に入ります。

オプション取引とは

まずオプション取引とはなんなのか?勉強していきましょう。

オプション取引とは、あらかじめ定められた期日に、あらかじめ定められた価格で、”買う・売る権利”を売買する取引のこと

だそうです。

・・・???

クエッションマークが頭のなかに大量発生したアラサーサラリーマンの方、ご安心ください。

例を出して説明していきます。

買う権利

例えば、あなたはりんご買いたいと思っています。今買うとりんごは100円です。でも今年のりんごは凶作だと予想されています。

あなたならどう予想しますか?

凶作ならりんごの収穫量は減るはず。2月の頭にはりんごは200円で取引されるのではないか?

こう予測するわけです。

でも、今のうちにりんごを買っても、2月頭には腐ってしまうかもしれませんね。

だから、“2月頭にりんごを100円で買う権利を買う”わけです。

もし本当に、凶作でりんごが200円で売られるようになったら、あなたはりんごを100円で買うことができるので、すぐに売れば100円の儲けが出ますね。

売る権利

続いて売る権利について見ていきましょう。
同じくりんごの例を出していきます。

今りんごは100円で売っています。しかし、今年のりんごは豊作で収穫量が多くて在庫が余りそうです。

2月頭には50円で取引されるかもしれません。

そんなときは、“2月頭には100円で売る権利を買う”のです。

本当に50円で売買されるようになれば、50円で買ってきたりんごを100円で売ることができるので、50円の儲けとなります。

ここがミソですね!

株価が下がっても利益を出せる仕組みなのです。

どうでしょうか?この例でお分かりいただけたでしょうか?

続いて、もう少し詳細を説明していきます。

コール・プットオプションとは

コールオプションとプットオプション・・・

頭から煙が出そうな方もいるかと思いますが、簡単です。

コールオプションが買う権利のこと

プットオプションが売る権利のこと

です。

そして、この権利の価格のことをプレミアムといいます。

このプレミアムは、オプションを買った人が、売った人に支払います。

買い手と売り手のメリットデメリット

ここ大切です!

しっかり学んでください。

一般に、

買い手は利益無限、損失有限

売り手は利益有限、損失無限

と言われています。

売る権利も買う権利も両方とも、権利を買った方は損失を有限にすることができます。なぜなら、この権利を放棄することができるからです。

りんごを100円で買う権利も、100円で売る権利も放棄することができるのです。

ですので、りんごを100円で買う権利を買っていたのに、予想が外れて80円になってしまったら、権利を放棄して、80円でりんごを買えばいいのです。

しかし、売り手は放棄できません。もし、りんごを100円で買う権利を売ってしまったら、何がなんでも売らないといけないのです。りんごが200円になってしまったら、200円でりんごを買ってきて100円で売らないといけないのです。

もし、りんごが1000円まで値上がりしたら?恐怖で足がすくみますね。

そして、覚えておいてください。

オプション取引はレバレッジがかかります。日経225では1000倍です。

その上、売り手の損失は無限なので、一気に資産を失うリスクが高いことをしっかり肝に命じておいてください。

日経225が下がると予想したらいくら必要?

と、色々とまとめてきましたが、実際にやろうとすると、いくらかかるのでしょうか?

大阪取引所の日経225オプション価格を調べて、計算していきましょう。

まず、この記事を書いている時点の日経平均終値は、”28139円”でした。

あなたはこれから日経平均は下がると予想します。

ですので、”28125円で売る権利”をプレミアム640円で購入しました。

日経225は1000倍のレバレッジがかかります。

ということは、

640円×1000倍=640,000円のプレミアム代がかかります。

あれ、思ったより高い・・・と思われた方、私も同感です。

そして、本当に日経平均が下がったします。

もし、27000円まで下がれば、

28125円で売ることができるので、

(28,125円ー27,000円)×1,000ー640,000=485,000円が儲けとなります。

しかし、27500円までの下がりだと、

(28,125円ー27,500円)×1,000ー640,000=-15,000円の損となります。

思ったよりもプレミアム代が大きいですね。

オプションは1ヶ月以内の未来の株価を予想しますが、急騰や急落などの大きな変化があるタイミングでないと利益を出すことは難しいのかもしれません。

めだかぶはもう少し資産が貯まったら保険として使うかもしれない

ここまでの結果を受けて、めだかぶとしては

今しばらくはオプション取引を使用しない。

理由は、
★今の1200万円の資産額に対してプレミアム代が高い。
★レバレッジが大きい。
★大きな値動きでないと利益を出しにくい。

となります。

資産額が6000万円~などセミリタイアからフルリタイアに向けた準備のなかで導入を検討するかもしれません。

投資は自己責任ですので、しっかりとご自身で考えた上で検討お願いします。

では、まとめに入ります。

まとめ

今日のポイント

★オプション取引、下落時にも利益を出せて便利。

★プレミアム代が高く、めだかぶの資産額に対して高コスト

★フルリタイアへの準備のなかで活用を検討する。

関連記事

アラサーサラリーマンはまずはセミリタイアから目指しましょう!
アラサー、アラフォーでフルリタイアは危険、まずはセミリタイアをしよう

株式や不動産投資はインフレ対策にもなります。
アラサーサラリーマンのインフレ対策とは?日銀マネタリーベースから考える

老後資金やセミリタイア資金は長期的な投資で形成しましょう。
アラサーサラリーマンの資産形成は長期投資が基本

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!
投資は自己責任で。

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ