資産運用

【2503】キリンビール、優待と配当目的の投資はあり?

本記事では、「キリンが高配当になってきてるけど、優待と配当目的に投資するのはどう?」と疑問に思っているアラサーサラリーマンに向けて、

【2503】キリンビール、優待と配当目的の投資はあり?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

キリンビールの配当利回りは3.34%!

優待の利回りは0.51%!

国内のビールメーカーとして有名。

オセアニア・東南アジアでも事業展開!

創薬にも力を入れている。

まだ先は読めませんが、株主還元は配当性向40%と置いているので、配当増配を期待しつつ優待がもらえる単元株を目指して、単元未満株でコツコツ買っていきます。

口座未開設なら単元未満株の買付手数料無料のマネックス証券がおすすめです!

単元株で買う場合は、ネット証券口座開設数No.1でSBI証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

最近の株価は下落中

最近、下落中のキリンビール…

2018年4月に1株3200円近くまで高値をつけていましたが、ブログ執筆時点で1株1950円まで下げています。

ここ3年で40%近く下げていることがわかります!

これでは、配当をもらっていてもトータルリターンがマイナスになってしまいます。

果たしてこの株価がキリンビールを正しく評価しているのか?

調査していきます。

キリンビールって何している会社?

はじめに振り返りで、キリンビールがどのようなビジネスを展開しているのか?

確認しておきましょう。

と、いいましても。

皆さんキリンビールご存じですよね!

お酒を飲まれる方だったら、一番搾り

また、ジュースや炭酸といった清涼飲料水も提供しています。

具体的には、大きく5つの柱があります。

・国内ビール
・国内飲料
・海外のアルコール
 ※オーストラリア
  ニュージーランド
  ミャンマーの会社をM&A
・医薬品
・協和発酵バイオ

日本のアルコールや清涼飲料水以外にも医薬品やバイオ化学にも力を入れています。

各事業でどれ程売上があるのか確認しよう

それでは、各事業に対する売上割合と金額を比較していきましょう。

       事業利益(億円)
国内ビール   267
国内飲料    80
オセアニア酒  128
医薬      201
メルシャン   11
ミャンマー   47
コーク     70
協和発酵バイオ 3
その他     33

※公式HPより

やはり、利益の多くを稼ぎ出しているのは、国内のビール事業ということがわかります。

ライバルとして、アサヒやサッポロ、サントリーなどがありますが善戦しています。

また同時に、医薬品でも多くの利益を稼ぎ出していることがわかります。

ビール飲料メーカーとしてではなく、製薬会社として も収益を上げられていることがわかります。

また、国内だけではなく、オセアニアやミャンマーにおいても、アルコールを販売し収益を上げられていることがわかりますね!

日本に依存したビジネスモデルだと、少子高齢化・人口減少が収益に大きく影響してきます。

販売エリアを多角化させることで、収益を安定的に稼ぎ出して欲しいものです。

株主優待も魅力のひとつ

キリンビールに投資すると、年に1回株主優待をもらうことができます。

保有する株式数に応じて、自社製品をもらうことができるのです。

100株以上1000株未満
 1000円相当

1000株以上の株主
 3000円相当

の自社製品

をもらうことができます。

投資効率を考えると、株主優待は必ずしも良いものとは言えないのですが、税金がかからないことや株主優待を設定する企業としても費用を抑えられる点で、使える株主優待であったり、自分が魅力的だなと思う株主優待であれば、株主優待を目的とした投資もありだと思っています。

株価が下落基調の理由

では、なぜ株価が下落基調なのか?

理由を調査していきます。

はじめに、株価の下落要因を3つ上げておきます。

1.ミャンマー政局不安

2.2021年決算予想を下方修正

3.長期的にアルコールに対する政策圧迫

1.ミャンマー政局不安

皆様、記憶に新しいと思いますが、2021年2月にミャンマーでクーデターが発生し、現在政局は不安定な状態です。

キリンビールはミャンマーブルワリーを傘下に収めており、今回の影響を大きく受けています。

そのため、従来予定していた売上が立たない可能性が増えてきた関係で、株価が下落しているものと考えられます。

2.2021年決算予想を下方修正

2021年第2期の決算発表の際に、2021年通期の決算予想を下方修正しました。

修正前:売上 18800億円
    EPS 123.56円
修正後:売上 18700億円
    EPS 103.77円

※公式HP決算短信より

一つ目の理由で述べたミャンマーの政局不安と同時に、外出自粛による飲食店でのアルコール消費量の低下が影響してると思われます。

また、同時に医薬品では薬価改定が行われ、薬の価格は下げられる方向に行っています。

これらのことから、今回の修正がなされたと考えられます。

今回の下方修正をきっかけに株価は一時4%も1日で下げています…

これらの事象は、まだまだ長期的に続く可能性がありますので、引き続き警戒して観察していく必要があります。

3.長期的にアルコールに対する政策圧迫

最後に、アルコールの健康リスクに対する懸念があります。

現在世界的に健康志向が広まっており、タバコやアルコールといった依存性の高い業界に対して、規制が厳しくなる可能性があります。

アルコールに対しては、たばこほど厳しい規制はありません。

しかし、何かしらの政策が発令される可能性があります。

そういったことに対する懸念が、株価を下落させているのかもしれません。

今後キリンビールの株価は上がるのか

暗い話ばかりしてしまいましたが、必ずしも先行きが暗いとは思っていません。

なぜそう思うのか、ご説明します。

1.国内だけではなく海外にビジネスを展開しているから

前述しましたが、キリンビールはオセアニア地区ではライオンという企業を、ミャンマーではミャンマーブルワリーを保有しており、そこから全体収益の20%を稼ぎ出しています。

そしてわずかですが、フィリピンでもビジネス保有しています。

つまり、国内のみではなく、アジア・オセアニアから収益を受けることができています。

特にこれから人口動態が増加傾向にある東南アジア で稼ぐ事ができる基盤を持っているということは、今後の強みになると考えられます。

こういった海外で利益を上げる力があるということは評価しても良いと考えています。

2.領域を絞って新薬創出に向けて取り組んでいる

国内ビール市場に次ぐ利益を上げている医薬品事業。

特に、今後は「腎・ガン・アレルギー・中枢神経」に関する新薬創出に特化すると経営計画に書かれています。

また、発酵技術をグローバルに展開させるとの記載もありました。

製薬は、当たれば大きい利益を得ることができますが、それまでに多くの研究資金がかかります。

今後、利益を上げることができる薬品を開発できるかどうか確証はありませんが、2020年の売り上げランキング10位の協和キリンの実力を見せてほしいものです。

それなりに成果は期待できるではないかと考えています。

このように決して、お先真っ暗な企業だとは考えていません。

これから国内事業は、人口減少とともに衰退していくことが考えられますので、しっかりと観察していきましょう。

株価情報を確認しておこう

今時点の株価情報を確認しておきましょう。

ROE     :8.24%
自己資本比率 :34.1%
配当性向   :62.6%(2021年予)
PER     :24.7倍
PBR     :2.2倍

※かぶたんより

ROEは、8.24%とやや低めの数字となっています。

できれば、10%は欲しかったところ…

自己資本比率は34.1%と低めに見えます。

しかし、ライバル企業であるサッポロやアサヒ、サントリーも30%前後となっているので、妥当なラインかと思われます。

配当性向は2021年の予想で62.6%、これはやや高い数値となっています。

先々を考えると、30%から50%に抑えて欲しいところです。

PERやPBRはやや高めの数字となっていますが、食品業界ということと医薬品も作っている点から妥当なラインだと考えられます。

以上のことから、財務は健全であると考えられますが、若干収益率が低いということが気になります。

そして、配当性向が60%近くと高く、今後配当を保てるかが気になるところです。

2017年からの決算情報

続いて、2017年からの決算情報を見ていきましょう。

初めに売り上げから。

     売上(億円)
2017年  18637
2018年  19305
2019年  19413
2020年  18495
2021年  18700

※かぶたんより

2019年をピークに若干下降しています。

これは2020年外出自粛があり、飲食業界がほぼ正常に機能していなかったということ。

また、2021年についても継続してそういった状況が続いているということが大きく影響していると考えられます。

1株当たり利益 EPSではどうかチェックしましょう。

     EPS(円)
2017年  265.2
2018年  183.6
2019年  68
2020年  85.6
2021年  103.8

※かぶたんより

こちらについては、2017年が最も多く、その後利益を減らしています。

2019年は、オーストラリアのビール売れ行きが難航、協和発酵バイオのミスにより利益が大幅に減りました

2020年以降は、世界的な外出自粛による飲食店の経営不振により、利益は大きく下がっています。

しばらく、この状態が続くと考えられますが、こういうときこそ経営努力をして筋肉質な経営体制になっていくかを観察していきたいと考えています。

配当金の推移も確認しておこう

決算情報を確認したついでに、2017年以降の配当金額についても確認しておきましょう!

たまに、記念配当などのイレギュラーな配当金を出し、一時的に配当金が高まっている可能性がありますね。

     配当(円)
2017年  46
2018年  51
2019年  64
2020年  65
2021年  65

※かぶたんより

2017年から着実に増配傾向にあります。

配当性向40%以上を株主還元してくれるとのことで、今後にも期待です!

2021年予想で、62%まで配当性向は高まっていますので、今後増配を期待するには、

一株当たり利益の EPS を今よりも延ばしてもらう

必要があります。

継続して観察が必要ですね!

めだかぶの評価:単元株を目指して少しずつ買い増ししよう

では、最後にめだかぶの評価をまとめ、終わりにしたいと思います。

国内のビール・飲料メーカーとして有名なキリンビール!

オーストラリアやニュージーランド、ミャンマーなどといった地域でもアルコールを販売し利益を上げています。

同時に医薬品でも収益を上げており、事業の多角化を行っています。

これらの 事業の多角化 により今後、一株当たり利益の EPS が上昇すれば、配当金は増えていくと予想!

ということもあり、めだかぶは、単元未満株でコツコツと保有していきたいと思っています。

実際に、単元未満株で35株を保有しています。

お試しで買えるのが、単元未満株の良いところですね!

単元未満株ならめだかぶも使っている買付手数料無料のマネックス証券がおすすめです!

継続して動向を見守っていきます。

単元株で買う場合は、ネット証券口座開設数No.1でSBI証券がおすすめ!

投資は自己責任です。最終判断はご自身でお願いします。

では、まとめに入ります。

まとめ

今日のポイント

キリンビールの配当利回りは3.34%!

優待の利回りは0.51%!

国内のビールメーカーとして有名。

オセアニア・東南アジアでも事業展開!

創薬にも力を入れている。

まだ先は読めませんが、株主還元は配当性向40%と置いているので、配当増配を期待しつつ優待がもらえる単元株を目指して、単元未満株でコツコツ買っていきます。

関連記事

個別株投資するなら必須、5つの決算指標をチェックしよう!

個別株投資するなら必須、4つの利益をチェックしよう!

日本株の配当金の受け取り方について

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ