資産運用

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価は?

本記事では、「セゾン投信に興味を持ち、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを知ったけど、投資してもいいのか」不安なアラサーサラリーマンに向けて、

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの評価は?

という内容で記載していきます。

はじめに本日の結論から、

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは成績を見ても、コンセプトを見ても、運用会社を見ても評価されるべきファンドだと思う。

積み立てるならポイントが付くSBI証券楽天証券がおすすめ!

始めに自己紹介させてください。
めだかぶと申します。エンジニアとして働くアラサーサラリーマンです。20代の内に資産1000万円を貯めることに成功し、40歳までにセミリタイアするためせっせと資産運用しています。(FP2級取得)

では、解説に入ります。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドとは?

始めに本記事の主役となる、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドについてご説明します。

このファンドは積立王子こと中野さんが会長を勤めるセゾン投信にて運用販売されているファンドです。

この中野会長は日本に長期投資を勧めるために、日々活動されており、本も多数出版されています。私めだかぶもこの中野会長の本を読み、感化され、投資を始めました。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは、株式50%、債券50%のバランス型のファンドです。

株式は先進国から新興国まで全世界に投資しており、債券は先進国債券に投資しています。

一言で言えば、

これ1本で世界中の株式と、先進国の債券に投資できる

ということです。

このファンドはリターンの成績で争うようなことはせず、

信託財産の長期的な成長を図ることを目的に運用する

と言っています。

中野会長の本に書かれていたことが実際に行われており、評価されるべき点だと思います。

続いて、ファンドの中身を解説する前に、運用するセゾン投信について調べてみましょう。

セゾン投信の顧客98%は損してない

いくらファンドが良くても、運用する会社がダメでは大事なお金を預けられませんよね。

これを調べるのに、とてもいいデータがありました。

金融庁が2019年12月時点のデータを元にまとめた「顧客本位の業務運営」の取組成果の公表状況というデータです。
元データのHP

この情報を見ると、

セゾン投信の顧客の98%が利益0以上で、その割合は証券NO.1だった

というデータが出ています。

つまり、98%が損をしていないというのです。

過去を振り返ると、株は長期的にはみんなで利益を分かち合える投資手段ですが、短期的に言えば利益を奪い合うゼロサムゲームと言われています。

そのなかで2007年から投資信託の発売開始したセゾン投信の98%の顧客が損をしていないのです。

これは、お客様の資産を考えた運用と発信をしているからだと思われます。

ちなみに、メジャーどころを記載しておくと、

ありがとう投信:95%
コモンズ投信 :84%
鎌倉投信   :82%
野村証券   :80%
楽天証券   :75%
SBI証券   :71%

となっています。

このことからも、セゾン投信は顧客の長期的な資産成長を見守ってくれる貴重な存在だと思います。

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの成績

では、本題のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの成績について解説していきます。

まずは、過去のリターンとシャープレシオから見ていきましょう。

用語の説明ですが、リターンとは利益のことです。

シャープレシオとは、どのくらいのリスクを負って利益を得たかを表す指数です。数字が大きいほど、リスクを抑えて利益を稼げたという意味になります。

今回は比較対象として、TOPIXに連動するeMAXIS Slim国内株式(TOPIX)を選びました。

世界分散せずに日本の株式に投資していた場合と比較してみましょう。

リターン

1ヶ月
セゾン:+1.52%
国内株:+11.1%

6ヶ月
セゾン:+9.18%
国内株:+13.3%

1年
セゾン:+6.5%  
国内株:+5.7%

3年
セゾン:+12.8% 
国内株:+4.7%

セゾン投信の公式HPより
eMAXIS Slimの公式HPより

ここで見ていただきたいのは、セゾンの方は徐々に数字が大きくなっているということです。

それに対して、国内株(TOPIX)はばらつきが大きく、3年がもっとも数字が小さくなっています。

我々は長期的に安定して資産を運用したいので、リターンは時が経つほど緩やかに大きくなってくれる方がいいのです。

シャープレシオ

1年
セゾン:+0.48%
国内株:+0.34%

3年
セゾン:+0.41%
国内株:+0.12%

セゾン投信の公式HPより
モーニングスターHPより

ここで確認いただきたいのは、シャープレシオはセゾンの方が大きく、かつ安定していることです。

繰り返しになりますが、安定的に資産を運用してほしい我々アラサーは、資産価格の変動をできるだけ小さくしてリターンを勝ち取るファンドの方が良いわけです。

この点で、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの成績は評価されるべき成績だと思います。

なお、2007年3月に設定されてからの年平均リターンは、3.78%とのことです。

購入できる販売会社・証券は?

最後にセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを購入したくなったアラサーサラリーマンのために、販売会社を紹介して終わりにします。

セゾン投信は基本的に直販型のファンドで、”自分で設計した商品を、運用して、直接顧客に売る”というスタイルです。

したがって、一番基本的な買い方はセゾン投信に口座を開いて、買い付けるという方法です。

しかし、一部銀行や証券会社でも購入可能です。

その証券とは

SBI証券楽天証券、tsumiki証券など

です。

もし上記の口座をお持ちでしたら、投資の選択にめだかぶも50万円ほど保有しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドはいかがでしょうか?

ただ、投資は自己責任ですので、最後はご自身の判断で購入してください。

では、まとめに入ります。

まとめ

今日のポイント

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは成績を見ても、コンセプトを見ても、運用会社を見ても評価されるべきファンドだと思う。

関連記事

セゾン投信の平均利回り3.78%って良い?悪い?

セゾン投信の追加積立をやめた理由

セゾン投信をおすすめする理由4選

セゾン投信はめだかぶに長期投資を教えてくれた先生

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
是非とも経済的自由を掴みましょう!
投資は自己責任で。

下記バナーポチっとしてくれたら嬉しいです。
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

Twitter始めました
ブログの更新情報や時々の思いを呟きます!
是非フォローよろしくお願いします!
アラサーサラリーマンめだかぶのTwitter

これからもよろしくお願いします。
投資は自己責任で。

めだかぶ